京都アニメーション放火殺人事件から1年を迎えた18日、同社の八田英明社長が記者会見し、作品制作の状況について「制作能力はかなり落ちているので、無理がないように少しずつ進めている」と明らかにした。

無断転載・複製を禁じます