紅白戦の第1打席、一ゴロに倒れたエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 1番打者として起用される可能性が出てきたレイズ・筒香(共同)

 紅白戦の第1打席に四球で出塁後、後続の安打で三塁へ向かうレッズ・秋山=シンシナティ(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは17日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの大谷は本拠地アナハイムでの紅白戦に「3番・指名打者」で出場し、3打席目に右前適時打を放って3打数1安打1打点とした。

 レッズの秋山は紅白戦に「6番・中堅」で出場し、2打数無安打、1四球1三振。レイズの筒香は実戦形式で1打数無安打、1四球1三振だった。守備は左翼に就いた。

 ブルージェイズの山口は紅白戦に先発し、3回を5安打3失点、2三振2四球だった。

 頭部に打球を受けたヤンキースの田中は投球練習再開から一夜明け、キャッチボールなどをこなした。カブスのダルビッシュは投球練習を行った。

無断転載・複製を禁じます