【エルサレム共同】イスラエル国防省は12日、同国の軍事企業を狙ったサイバー攻撃を阻止したと発表した。攻撃を仕掛けたのは「ラザルス」と呼ばれるハッカー集団だと説明。ラザルスは北朝鮮の情報機関、偵察総局の傘下にあり、米国が制裁対象に指定している。

 国防省によると、ハッカー集団はビジネス向け交流サイト「リンクトイン」上で国際的企業の幹部に成りすまし、イスラエルの軍事企業社員に転職の誘いなどを送信。軍事企業のネットワークに入り、機密情報を盗もうとしたという。被害は確認されていない。

 北朝鮮は外貨収入を確保するため、サイバー活動を行っているとみられている。

無断転載・複製を禁じます