「高校女子サマーチャレンジカップ」の第1試合で対戦する丹生(左側)と岐阜総合学園=川崎重工ホッケースタジアム

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国高校総合体育大会が中止されたことを受け、岐阜県の各務原市ホッケー協会が独自に主催した「高校女子サマーチャレンジカップ」が12日、同市の川崎重工ホッケースタジアムで開幕した。

 1月の強化大会、ウインターリーグの上位校を中心に8チームで開催予定だったが、同県が独自の緊急事態宣言を出したこともあって出場辞退した学校もあった。大会は6校が2組に分かれて1次リーグを戦い、強豪の岐阜各務野や丹生(福井)などが登場した。今夏の高校総体でホッケー開催県だった栃木の今市も出場する。

無断転載・複製を禁じます