北海道厚真町に設置された北海道地震の献花台で献花する伊部義之さん=11日午後

 2018年9月6日の北海道地震で最大震度7を観測し、土砂崩れなどで37人が犠牲になった厚真町は11日、約1キロにわたって斜面が崩壊した吉野地区に献花台を設置した。お盆を前に、町民らは亡くなった同僚や友人に思いをはせながら花を手向けた。

 吉野地区では19人が亡くなった。斜面を草木が覆い始めたが、ところどころ茶褐色の山肌がのぞき、土砂崩れの記憶を刻んでいた。

 花束を手に訪れた町総務課の木戸知二参事(62)は、約30年の付き合いだった同僚の中川信行さん=当時(62)=を亡くした。「2年はあっという間だな…」と話した。

無断転載・複製を禁じます