ニューヨーク州のクオモ知事(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は7日、電話会見し、新型コロナウイルスの陽性率が抑制できているとして、州内の公立学校の対面授業を9月の新学期から再開できると発表した。米メディアによると、全米ではオンラインの遠隔授業を採用する自治体が多く、ニューヨーク市は対面授業を再開する全米唯一の大規模都市となる。

 具体的な再開方法は各自治体や学区の判断に委ねられる。登校可能な日数が限定された場合、保護者は登校と遠隔学習を組み合わせるか、全面的に遠隔学習とするかを選択することになる。

 学校職員や生徒・児童は校内ではマスク着用が義務付けられる。

無断転載・複製を禁じます