記者会見する安倍首相=6日午前、広島市(代表撮影)

 安倍晋三首相は6日、広島市内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染再拡大に関連して、お盆の時期の帰省自粛を求めなかった。基本的な感染防止策の徹底を求めた上で「高齢者の感染につながらないように十分注意してほしい」と呼び掛けた。同時に「直ちに緊急事態宣言を出す状況ではないが、高い緊張感を持って状況を注視し、医療提供体制が逼迫しないようにきめ細かい対策を講じていく」と語った。

 秋に想定される内閣改造・自民党役員人事を巡り「政府を挙げて新型コロナ対策に取り組んでおり、人事の話は先だ」と述べるにとどめた。

無断転載・複製を禁じます