オンラインで報道陣の取材に応じる競泳男子の渡辺一平=16日、埼玉県所沢市(代表撮影)

 競泳男子200メートル平泳ぎで昨年の世界選手権銅メダルの渡辺一平(トヨタ自動車)が16日、オンラインで報道陣の取材に応じ、23日であと1年となる東京五輪へ「ぶっちぎりで世界記録を更新して、金メダルを獲得することをモチベーションに強化できればいい」と意欲的に語った。

 新型コロナの影響で、4月の日本選手権が中止となった後は2カ月近く本格的な練習ができなかった。水泳人生で最も長くプールに入らない時期を過ごし、5月下旬に久しぶりに泳ぐと「自分の体が自分じゃない感じだった」と戸惑った。拠点とする母校早大のプールで練習する現在は、徐々に泳ぎの感覚が戻ってきたという。

無断転載・複製を禁じます