内閣府は16日、被災地に設置する仮設住宅の運用を見直すと発表した。応急修理制度を活用して壊れた自宅を修理する被災者でも、一時入居を認める。7月の豪雨から適用する。

無断転載・複製を禁じます