4日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比23銭円安ドル高の1ドル=106円12~13銭。ユーロは19銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円73~80銭。

 世界的な株価の上昇を背景に、低リスク通貨とされる円を売ってドルを買う動きが先行した。

 市場では「ドルを売って利益を確保したいという心理が働き、一方的に円安が進むことはないだろう」(外為ブローカー)との声もあった。

無断転載・複製を禁じます