スペイン前国王のフアン・カルロス1世=2018年3月、チリ・サンティアゴ(AP=共同)

 【パリ共同】スペイン王室は3日、前国王フアン・カルロス1世(82)が国外に移住する意思を長男の現国王フェリペ6世に伝えたと発表した。王室は、金銭スキャンダルの渦中にある前国王が王宮を離れて身を引く姿勢を示すことで国内の王室批判の高まりを抑えたい考えとみられる。行き先は明らかにしていない。同国公共放送によると前国王は既に出国した。

 スペイン検察当局は6月、サウジアラビアでの高速鉄道建設計画に絡み、前国王を捜査すると発表。報道によると2011年のスペイン企業の受注を巡る不正な金銭授受疑惑に関わった疑いがあるが、14年6月までの在位中は免責特権がある。

無断転載・複製を禁じます