ベルリンにあるドイツ連邦議会(下院)=09年

 【ベルリン共同】2021年9月のドイツ連邦議会(下院)選挙のやり直しが11日、ベルリンの一部で行われた。選挙管理委員会によると、連立与党の得票率が微減し、自由民主党が1議席失った。最大野党のキリスト教民主同盟と右派政党「ドイツのための選択肢」は微増した。

 連邦憲法裁判所が昨年12月、投票用紙の不足など投票所の運営に多数の不備があったとして、ベルリンの2256投票区のうち455投票区でやり直しを命じていた。対象の有権者は約55万人で、地元報道によると投票率は約51%だった。

無断転載・複製を禁じます