男子200メートル自由形予選 力泳する松元克央=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】水泳の世界選手権第11日は12日、ドーハで行われ、男子200メートル自由形予選で松元克央(ミツウロコ)が1分46秒84の全体8位で準決勝に進んだ。

 女子1500メートル自由形の梶本一花(枚方SS)は16分27秒96の予選13位、男子100メートル背泳ぎの加藤理(山陰パナソニック)は54秒70の予選22位で落選した。

無断転載・複製を禁じます