一山本を寄り切る朝乃山=両国国技館

 東京・両国国技館で行われた日本大相撲トーナメントで幕内の朝乃山(富山市呉羽町出身、富山商高OB、高砂部屋)は3回戦で敗退した。初場所まではあった腕や足へのテーピングなどがなくなり、順調に調整を進めている。

 2回戦から登場した朝乃山は一山本と対戦。立ち合いから激しい喉輪を受けてのけ反るも下がらずに前進。左上手を引くと万全の右四つで力強く寄り切った。

 3回戦は宇良との人気力士対決となり、会場を沸かせた。宇良に懐に入られ押し込まれ、一時は体勢を立て直したが、最後は横につかれてそのまま土俵を割った。

無断転載・複製を禁じます