「がんばろう能登がんばろう石川」のマットの前を歩いて入場するPFUの選手=金沢市総合体育館

PFUの選手と募金活動に参加した松本さん

 バレーボールVリーグ女子1部(11日・金沢市総合体育館)PFUブルーキャッツは今季全敗のプレステージ・インターナショナルアランマーレを3―1で破り、2試合ぶりの勝利を収めた。7勝15敗の10位(全12チーム)で今シーズンを終了した。

 第1セットはバルデスのバックアタックや大熊紀妙の攻撃などで先取。同点の第3セットは序盤に瀬戸杏華のサービスエースで崩し、第4セットは接戦の末、細沼綾、髙相みな実のアタックで振り切った。髙相は「地震がありながら最後まで試合をさせてもらったことはチームとして大きな財産になった」と振り返った。観客は1410人だった。 

  ●松本薫さん来場、アイスプレゼント 募金活動も参加「笑顔にできることしたい」

 ○…会場ではロンドン五輪柔道女子金メダリストで、エッセー「野獣の子育て」を本紙で連載中の松本薫さん(金沢学院大附高OG)が来場し、自身が開発に携わるダシーズファクトリー(東京)のアイスクリームを先着1千人にプレゼントした。

 試合後には選手と一緒に募金活動に参加。地震発生後初めて石川県入りした松本さんは「皆さん笑顔で募金してくれた。一人でも多くの人を笑顔にできることをしていきたい」と話した。

 ▽第22戦

PFU  325―201アラン 

      24―26 マーレ 

      25―16 

      26―24

無断転載・複製を禁じます