富山市で取材に応じる公明党の山口代表=11日午後

 公明党の山口那津男代表は11日、自民党派閥の裏金事件を受け、衆院解散よりも政治資金規正法改正を優先すべきだとの認識を示した。訪問先の富山市で「国民の信頼は大きく傷ついた。法改正を行い再発を防止し、最終的に信頼が回復されるのを見極める必要がある」と記者団に述べた。

 野党が求める国会の政治倫理審査会については「強制力を使うことに限界もあり、決して望ましいとは言えない部分もある」としながら「どのように信頼回復を図るのかという大局観に立って取り組んでほしい」と語った。

無断転載・複製を禁じます