能登半島地震で被災した羽咋市内の民家からタイヤ4本を盗んだとして、羽咋署は10日、建造物侵入と窃盗の疑いで、本籍北海道釧路町、住所不定、無職根本英仁容疑者(57)を逮捕した。

 逮捕容疑は9日午後3時半~5時半ごろまでの間、羽咋市内の80代男性方に侵入し、タイヤ4本(時価5万円相当)を盗んだ疑い。

 署によると、民家には男性の50代長男が住んでいたが、地震後、避難して無人だった。男性が片付けのため家に入ったところ、根本容疑者と鉢合わせ、根本容疑者は「長男から欲しいものを持って行ってもいいと言われている」と話し、タイヤを持ち出した。

 男性が長男に確認したところ、その事実はなく、110番通報した。根本容疑者は「承諾を得ている」と容疑を否認している。

無断転載・複製を禁じます