雪が積もった石川県輪島市の倒壊家屋=14日

 発達する低気圧の影響で、北日本から東日本では16日にかけて、雪を伴う非常に強い風が吹き、大雪となる地域もあるとして、気象庁は15日、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、高波に警戒を呼びかけた。能登半島地震で被災した家屋は、積雪による倒壊にも注意が必要だとしている。

 気象庁によると、千島近海の低気圧が東北東に進み、日本付近は冬型の気圧配置が強まる見通し。上空約5500メートルには氷点下36度以下の寒気が流れ込む。

 16日午前6時までの24時間に予想される降雪量は多い所で、北陸70センチ、東北と関東甲信60センチ、北海道50センチ。

無断転載・複製を禁じます