熊本県は12日、豪雨による県内の死者62人のうち、死因が判明した60人の内訳を公表した。8割の50人が溺死や溺死の疑いだった。

無断転載・複製を禁じます