岸田文雄首相は能登半島地震の被災状況を確認するため、13日にも石川県を訪問する方向で調整に入った。首相の被災地入りは1日の地震発生後初めて。現地の受け入れ態勢に加え、天候などを見極めた上で最終判断する。政府関係者が9日、明らかにした。

 避難の長期化や復旧・復興を見据え、自ら現地の状況やニーズを確認するのが狙い。ヘリコプターによる上空視察のほか、深刻な被害を受けた輪島、珠洲両市の訪問も検討。被災者や自治体関係者と意見交換する方向で調整を進める。

 9日、県災害対策本部員会議にオンライン出席した岸田首相は「私が先頭に立って、再建に向けた取り組みを全力で進める」と述べた。

無断転載・複製を禁じます