津波で車や家屋が流され壊滅的になった珠洲市宝立町鵜飼地区=6日午前10時50分(関係機関の許可を得てドローンから撮影) 

 石川県などによると、県内の能登半島地震による犠牲者は6日、127人となった。連絡が取れない安否不明者は210人で、被害はさらに拡大する恐れがある。地震による死者が100人以上になるのは関連死を含め276人が亡くなった2016年の熊本地震以来。

 市町別の死者は輪島市69人、珠洲市39人など。安否不明者は輪島市140人、珠洲市39人、穴水町12人などで、県内の負傷者は516人。8市7町の計366カ所に3万733人が避難している。輪島市では164カ所に1万2506人が身を寄せ、珠洲市は7122人、能登町は4170人、穴水町は2466人。

 断水は約6万6千戸で続き、七尾、輪島、珠洲、志賀、中能登、能登、穴水の7市町は、ほぼ全域で水が出ない。停電も奥能登2市2町と七尾市の約2万3200戸で続いている。北陸電力送配電によると、珠洲、輪島、能登、穴水の4市町の200人以上の避難所40カ所のうち、33カ所で停電が解消される見通し。

  ●穴水で震度5強

 6日午前5時26分ごろには穴水町で震度5強の地震があった。

  ●「志賀で震度6弱」観測と気象庁発表 町職員「弱い揺れ」

 気象庁は6日午後11時20分ごろ、志賀町で震度6弱を観測したと発表した。志賀町役場関係者は「弱い揺れだった」と話した。

無断転載・複製を禁じます