ウクライナのゼレンスキー大統領(ロイター=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ大統領府は9日、ゼレンスキー大統領がアルゼンチンのミレイ次期大統領の就任式に出席すると明らかにした。ゼレンスキー氏は途上、西アフリカの島しょ国カボベルデに立ち寄ってコレイアイシルバ首相と会談、ウクライナの主権と領土の一体性への支持を訴えた。大統領府によるとウクライナとカボベルデのハイレベル会談は史上初。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は8日、ウクライナが2025年まで大規模な攻勢を仕掛けることはできない可能性があると伝えた。ウクライナ軍が今年6月に開始した反転攻勢については戦果に悲観的な見方が広がっており、軍の再建に時間を要するとした。

無断転載・複製を禁じます