ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第5戦(ヒルサイズ=HS140メートル)で3位に入り、今季初の表彰台に立った小林陵侑(チームROY)=クリンゲンタール(ゲッティ=共同)

 【クリンゲンタール共同】ノルディックスキーW杯ジャンプ男子は9日、ドイツのクリンゲンタールで個人第5戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、小林陵侑が合計270・7点で3位に入り、今季初の表彰台に立った。1回目に140・5メートルを飛んで2位につけ、2回目も143・5メートルをマークした。

 カール・ガイガー(ドイツ)が144メートル、146メートルの274・7点で今季初勝利を挙げ、通算14勝とした。開幕4連勝していたシュテファン・クラフト(オーストリア)が2位。二階堂蓮は21位、小林潤志郎は25位、内藤智文は38位だった。

無断転載・複製を禁じます