女子1500メートルで優勝した高木美帆=トマショフマゾウィエツキ(共同)

 【トマショフマゾウィエツキ共同】スピードスケートW杯第4戦第2日は9日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで行われ、女子1500メートルは世界記録保持者の高木美帆が1分56秒63で制し、開幕から4連勝とした。佐藤綾乃は8位。

 団体追い抜きの女子は堀川桃香、高木、佐藤で臨んだ日本が優勝した。男子500メートルでは森重航が34秒82で3位。今季初勝利からの連勝は4で止まった。日本記録保持者の新濱立也は34秒86で5位だった。

 男子1500メートルは土屋陸が日本勢最高の10位。第3戦3位の山田和哉は13位、第1戦優勝の山田将矢は18位だった。女子500メートルの稲川くるみは12位。

無断転載・複製を禁じます