9月、ウクライナ東部・南部4州併合1年に合わせてビデオ声明を発表するロシアのプーチン大統領(タス=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ外務省は9日、ロシアが来年3月の大統領選で、ウクライナの東部・南部4州とクリミア半島で投票を行うとしていることについて「ウクライナの憲法と国際法の原則に著しく反し、無効だ」とする声明を発表した。

 声明は国際社会に対して、占領地での選挙実施を厳しく非難し、関係者に制裁を科すよう求めた。さらに「偽りの選挙」に監視員を送らないよう要請。「ロシアの選挙は民主主義とは何の関係もない。体制維持の道具でしかない」と批判した。

無断転載・複製を禁じます