会合にオンラインで参加したウクライナのクリメンコ内相(右上の画面内)=9日午後、水戸市

 8日に水戸市で始まった先進7カ国(G7)の内務・安全担当相会合は9日、2日目の日程に入った。ウクライナ支援について議論され、オンラインで参加した同国のクリメンコ内相が治安の改善に向けた支援を呼びかけた。その後、取材に応じた松村祥史国家公安委員長は「支援を継続することで一致し、G7の固い結束を確認できた」と述べた。最終日の10日に声明文をまとめる方針。

 クリメンコ内相は、ロシアによる侵攻を受けて混乱が続く国内の治安状況を紹介。拳銃などの小火器が市民社会に出回り、当局による規制が難しくなっているという。戦時下で働く警察など治安部門の職員に対するメンタル面での支援も求めた。

無断転載・複製を禁じます