大阪市での党会合であいさつする自民党の茂木幹事長=9日午後

 自民党の茂木敏充幹事長は9日、党5派閥がパーティー券収入を過少記載したとして政治資金規正法違反容疑で刑事告発された問題を受け、党本部が点検する仕組みを検討する考えを示した。大阪市での党会合であいさつし「派閥のパーティーであっても党本部が関与し、問題がないか確かめるプロセスの導入を含めた措置を取る」と述べた。

 茂木氏は「危機感を持って深刻に受け止めている。再発防止策をしっかり取り、国民の信頼回復を図りたい」と強調した。

無断転載・複製を禁じます