【ソウル共同】韓国外務省は9日、旧日本軍の元従軍慰安婦や遺族らに対する慰謝料支払いを日本政府に命じた11月のソウル高裁判決が9日確定したと発表した。日本政府の上告がなかったとしている。「韓国政府は慰安婦の被害者らの名誉と尊厳の回復へ努力し、韓日両国が未来志向で協力できるように努力する」と表明した。

 日本政府は支払いに応じない意向。原告側は裁判所に強制執行手続きを請求できるが、まずは日本の明確な謝罪と賠償を求めていく方針とみられる。

 上川陽子外相は8日の記者会見で上告しないと明らかにしていた。

無断転載・複製を禁じます