取材に応じる立憲民主党の泉代表=9日、静岡市

 立憲民主党の泉健太代表は9日、自民党安倍派(清和政策研究会)の政治資金還流問題を巡り、裏金疑惑が浮上した塩谷立座長、松野博一官房長官ら6幹部の議員辞職の必要性に言及した。静岡市で記者団に「違法行為が分かれば議員から身を引いていただく」と述べた。

 安倍派について「幹部を一掃し、派閥も解体した方が良い」と強調した。岸田文雄首相に対し松野氏の更迭を要求。「裏金でつくった人間関係や支持者、支持率に支えられてきたのが今の自民党政権だとすれば、正当性はない」と断じた。

 内閣不信任決議案を提出するかどうかに関しては「何が最も必要か判断する中で、最終的に決めていきたい」と述べるにとどめた。

無断転載・複製を禁じます