記者会見する秋葉剛男国家安全保障局長(中央)=9日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】秋葉剛男国家安全保障局長とサリバン米大統領補佐官(国家安保問題担当)、韓国の趙太庸国家安保室長が9日、軍事偵察衛星を11月に打ち上げた北朝鮮への対応などを巡りソウルで協議した。弾道ミサイル警戒情報のリアルタイム共有や定期的な共同訓練実施など、3カ国の安全保障協力を進めることを確認した。

 秋葉氏は終了後の記者会見で、北朝鮮の核・ミサイル開発の資金源につながる違法なサイバー活動の遮断に向けた協力で一致したと説明した。米韓側に拉致問題解決への協力を改めて呼びかけ、支持を得たとも述べた。

 趙氏は衛星打ち上げに対する制裁で日米韓にオーストラリアが加わったことを評価した。

無断転載・複製を禁じます