【北京共同】中国国家統計局は9日、11月の消費者物価指数(CPI)が前年同月と比べて0・5%下落したと発表した。マイナスは2カ月連続で、2020年11月以来3年ぶりの下げ幅となった。不動産不況を背景に消費が冷え込んでおり、デフレ懸念が一段と強まりそうだ。

 中国の物価は7月に2年5カ月ぶりのマイナスとなり、8月はプラスに戻っていたが、10月から再び物価下落の局面に入った。

無断転載・複製を禁じます