仙台市中心部で行われた「SENDAI光のページェント」の点灯式=8日午後

 仙台市中心部のケヤキ並木をイルミネーションで彩る冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が8日、開幕した。同市青葉区の定禅寺通約500メートルに約50万個の発光ダイオード(LED)電球が飾り付けられ、家族連れやカップルが仰ぎ見ながら歩いた。25日までの開催で約240万人の来場を見込む。

 8日夕には、新型コロナウイルスの感染防止対策として実施が見送られてきた点灯式が4年ぶりに開かれた。見物客が見守る中でカウントダウンが始まり、一斉に点灯すると歓声が湧いた。

無断転載・複製を禁じます