8日午前8時40分ごろ、北海道富良野市山部東の国道38号で、観光バスとトレーラーが衝突した。道警によるとバスの運転手と外国人の乗客の計10人が搬送されたが、命に別条はないとみられる。地元消防によるとほかに、バスの直前にぶつかった乗用車の運転手と、トレーラーの運転手もけがをした。

 道警によると、現場は片側1車線の直線で、路面は圧雪アイスバーン状態だった。トレーラーがスリップして荷台部分が反対車線に飛び出し、乗用車が接触してすり抜けた後、後続のバスの右前部が衝突した。

 トレーラーは南方向に、乗用車とバスは北に進行していた。富良野署が詳しい原因を調べている。

無断転載・複製を禁じます