7日、米上院外交委員会の公聴会で話すキャンベル国家安全保障会議インド太平洋調整官=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領が国務副長官に指名したカート・キャンベル国家安全保障会議(NSC)インド太平洋調整官は7日、上院外交委員会の人事公聴会で「米国の長期的な利益は主にインド太平洋地域にある」と強調した。覇権主義的な行動を強める中国に対抗するため日本などの同盟・友好国と軍事、経済両面で連携を強化する必要性を訴えた。

 キャンベル氏は7日(日本時間8日)が旧日本軍による真珠湾攻撃から82年であることに触れながら、中国を念頭にインド太平洋地域で「戦略的な不意打ちを食らう現実のリスクがある」と語った。日本は「最も重要な同盟国だ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます