政府は6日、保育士ら職員による子どもへの虐待を把握した場合、保育所など施設に対し、自治体への通報を義務化する方針を決めた。保育現場では、園児への脅迫的な言葉がけなど心身に悪影響を及ぼす「不適切な保育」が起きており、対応を強化する。2024年の通常国会にも児童福祉法の改正案を提出し、25年度からの実施を目指す。

 こども家庭庁が、こども家庭審議会分科会に提案し、了承を得た。所管する保育所や認定こども園、認可外保育所などに通報を義務付ける。幼稚園については、所管する文部科学省が同様に義務化する方向で調整している。

無断転載・複製を禁じます