ギリシャ北東部エブロス地方にある国立公園の山火事で、木々から立ち上る炎と煙=9月(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の気象情報機関「コペルニクス気候変動サービス」は6日、今年9~11月の世界平均気温は15・30度で、同時期としては1940年からの観測史上最高だったと発表した。1~11月の世界平均気温も記録を更新し、これまで最高だった2016年を0・13度上回った。

 11月の平均気温は14・22度で、これまでの記録だった20年を0・32度上回った。コペルニクスは「23年は観測史上最も暑い年になる」と指摘。温室効果ガスの濃度が上昇し続ける限り「気温は上昇し、熱波や干ばつの影響も大きくなる」と警告した。

無断転載・複製を禁じます