赤い実を付けたナンテン=兼六園

  ●県内、6日晴れ見込み 

 5日の石川県内は気圧の谷の影響を受け、曇り空が広がった。兼六園では、ナンテンが鮮やかな赤い実を付け、冬空の名園に彩りを添えた。

 朝は放射冷却現象で冷え込み、最低気温は輪島市三井で氷点下0・1度、かほく1・4度、珠洲1・5度など県内11観測地点のうち6地点で今季最低となった。最高気温は金沢12・1度など平年並みだった。

 金沢地方気象台によると、6日の県内は曇りで昼すぎまで晴れる見込み。

無断転載・複製を禁じます