岩手県産小麦の一つ「ナンブコムギ」から嘔吐などの恐れのあるカビ毒が検出された問題で、仙台市は5日、市立小10校の給食でこの小麦を使ったせんべいが出され、食べた児童計13人が腹痛や嘔吐の症状を訴えたと明らかにした。いずれも軽症という。カビ毒と体調不良の因果関係は分かっていない。

 市教育委員会によると、11月27日に給食センターでせんべいを入れた「せんべい汁」を調理し、提供した。学校ごとの体調不良者の人数は公表していない。

 出荷元のJA全農いわては11月、2022年産のナンブコムギでカビ毒が検出されたと発表。これを受けて各学校が、体調不良の児童がいないか確認していた。

無断転載・複製を禁じます