厚生労働省は、特許が切れた先発医薬品の窓口負担を2024年度中に増やす方向で検討に入った。後発品との差額の一部を保険対象から外す。どの程度まで対象外とするかは、差額の25~50%の間で3案ある。関係者が5日明らかにした。

無断転載・複製を禁じます