志賀町発注工事の入札を巡る贈収賄事件で、加重収賄などの罪で起訴された前町長の小泉勝被告(57)=別の加重収賄容疑で再逮捕=の初公判が来年1月17日、金沢地裁で開かれることが決まった。

 贈賄などの罪で在宅起訴された青谷工業社長の青谷武被告(83)=志賀町徳田=の初公判は同15日に同地裁で開かれる。

 起訴状によると、小泉被告は7月6日に行われた配水管更新工事の入札で、青谷工業から便宜を図るよう依頼され、謝礼の現金50万円を受け取り、最低制限価格を漏らして同社に落札させたとされる。

無断転載・複製を禁じます