【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザに地上侵攻するイスラエル軍のハガリ報道官は3日夜、既に掌握した北部に続いて南部にも地上部隊が侵攻したと明らかにした。「軍はガザ全域に地上作戦を拡大し続けている」と述べた。軍はガザ全域で空爆を強化、ガザ当局は3日だけで数百人が死傷したと発表した。北部からの避難を強要された多数の住民がいる南部への地上侵攻で、民間人被害の増加は不可避の情勢となった。

 軍トップのハレビ参謀総長は3日「部隊はガザ南部でも力強く戦っている。北部と同じような結果を得るだろう」と強調した。イスラム組織ハマスに対し「ハマス戦闘員はあらゆるところで、イスラエル兵士に遭遇する」と警告した。一方、ハマスの政治部門幹部ウサマ・ハムダン氏はレバノンで記者会見し「パレスチナの抵抗運動は敵を撃退するまで続く」と対決姿勢を鮮明にした。

 軍関係者によると、部隊は南部ハンユニス北方周辺に展開。徐々に増強し、ハマス拠点への攻勢を強める。軍はハンユニスの住民に南部ラファに退避するよう通告している。

無断転載・複製を禁じます