【北京共同】日本、中国、韓国の保健相会合が3日、北京市で開かれ、感染症の世界的大流行(パンデミック)への備えや基礎的医療システムの強化を巡り、3カ国の協力の在り方について協議した。連携強化を確認する共同声明も採択した。国営通信新華社が報じた。外交筋によると、対面開催は4年ぶり。

 大島一博・厚生労働事務次官、雷海潮・中国国家衛生健康委員会副主任、韓国保健福祉省高官のいずれも次官級が出席。会合では、誰もが公平に適切な医療を受けられる「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」も議題となった。

無断転載・複製を禁じます