気象庁

 2日午後11時37分ごろ、フィリピン付近で地震が発生した。気象庁によると地震の規模はマグニチュード(M)7・7。米地質調査所(USGS)によると、震源はミンダナオ島の東沖で、深さは32・8キロ。気象庁はこの地震に伴い、千葉県内房、伊豆諸島、小笠原諸島、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県、宮崎県、鹿児島県東部、宮古島・八重山地方に津波注意報を出した。

 到達予想は、早い所で宮古島・八重山地方で3日午前1時半ごろ、高さ1メートル。政府は2日夜、官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。気象庁は3日未明に記者会見し、津波注意報が解除されるまでは海岸に近づかないように呼びかけた。

 気象庁によると、フィリピンのダバオで8センチの津波を観測した。

 千葉県館山市や、沖縄県石垣市、宮古島市など太平洋や東シナ海に面する各地で3日未明までに海岸付近の住民へ避難指示が出た。宮崎県は情報連絡本部を設置した。

 国内各地で予想される到達時間は次の通り。高さはいずれも1メートル。

無断転載・複製を禁じます