中国国旗

 【北京共同】中国国家衛生健康委員会の米鋒報道官は2日の記者会見で、中国で子どもを中心に流行している肺炎などの呼吸器疾患について、既知の病原体によるもので新たなウイルスや細菌による感染症は見つかっていないと改めて強調した。

 中国では北部を中心にインフルエンザやマイコプラズマ肺炎などが複合的に流行し、小児科に患者が殺到している。会見に出席した北京中医医院の劉清泉院長は「子どもは軽症者がほとんどで、重症肺炎の患者は少ない」と説明。別の専門家はインフルエンザワクチンの早期接種を呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます