仲村トオルさん

夏菜さん

  ●2024年の百万石行列、6月1日

 来年5月31日~6月2日に開催される第73回金沢百万石まつり(北國新聞社特別協力)のメイン行事「百万石行列」で、加賀藩祖前田利家公役に俳優の仲村トオルさん(58)、お松の方役に俳優の夏菜(なつな)さん(34)が起用されることになった。仲村さんは父親が石川県出身、夏菜さんは夫が金沢市出身で、県ゆかりの2人が城下町を盛り上げる。

 仲村さんは東京都出身で、1985年に映画「ビー・バップ・ハイスクール」で俳優のキャリアをスタートした。来年は最新作が公開予定の映画「あぶない刑事」に出演する。

 夏菜さんは埼玉県出身。2012年度のNHK連続テレビ小説「純と愛」や22年のテレビドラマ「個人差あります」に出演しているほか、数多くのバラエティー番組で活躍している。

 百万石行列と入城祝祭は来年6月1日に行う予定で、3月の北陸新幹線敦賀開業を記念して停車駅の自治体からも参加し、北陸三県での広域連携をアピールする。今年は新型コロナの5類移行を受けて4年ぶりの通常開催となった。

  ●踊り流しコロナ前と同規模に/飛び入りも復活

 百万石まつりの夜を彩る6月1日の「百万石踊り流し」は、参加者を今年の6千人から1万3千人に増やし、コロナ禍前と同規模に戻す。飛び入り参加を復活させるほか、広坂通りを含む従来のコースとする予定で、まちなかのにぎわいにつなげる。

  ●友禅流し体験会初開催

 加賀友禅文化協会は百万石まつりの特別協賛行事として、6月2日に金沢市東山1丁目の浅野川で伝統の「友禅流し」の体験会を初めて開く。

 同協会は東山唯一の職人が引退してから5年が経過する中、技術継承のため、今年6月に初の研修会を開催。百万石まつりの参加者にも友禅流しを体験してもらい、伝統文化に理解を深めてもらう。

無断転載・複製を禁じます