【北京共同】英調査会社IHSマークイットは3日、中国の7月の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が52・8だったと発表した。前月から1・6ポイント上昇。新型コロナウイルスによる打撃からの回復が鮮明になった。マークイットは2011年1月以来、9年6カ月ぶりの高水準としている。

 好不況を判断する節目の50を3カ月連続で上回った。

 生産と新規受注の伸びが顕著だった。コロナの影響による輸出向けの落ち込みも改善がみられ、業界全体に先行きに対する楽観的な見方が広がっているとしている。

 中国当局が7月末に発表した同PMIも51・1と、前月から上昇した。

無断転載・複製を禁じます