新型コロナウイルスの影響で、今年の宮城県での開催が見送られた「第40回全国豊かな海づくり大会」が、2021年秋に同県で開かれる見通しであることが3日、関係者への取材で分かった。21年の兵庫県や22年の北海道での大会は1年ずつ順送りすることで調整している。

 宮城県は7月、同県石巻市で9月26、27日に予定していた大会の見送りを表明。大会は天皇、皇后両陛下が出席し、「全国植樹祭」「国体」「国民文化祭」とともに「四大行幸啓」と呼ばれる地方公務の一つだが、コロナ禍で全てが延期や年内開催の見送りとなった。

無断転載・複製を禁じます