アルコルコン戦の前半、ヘディングで競り合うウエスカの岡崎(右)=ウエスカ(共同)

 サッカーのスペイン2部リーグで8日、ウエスカの岡崎慎司はホームのアルコルコン戦で1―1の前半終了間際にヘディングで決勝点を挙げて2―1の勝利に貢献した。今季11点目。岡崎は後半26分に退き、自動昇格圏の2位につけるチームは2試合ぶりの勝利を手にした。デポルティボの柴崎岳は0―1で敗れた敵地のマラガ戦で前半のみの出場だった。(共同)

無断転載・複製を禁じます