米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられる、火星探査車「パーシビアランス」を搭載したアトラス5ロケット=30日(ロイター=共同)

 火星での探査車パーシビアランスと飛行する小型ヘリコプターの想像図(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は30日、火星探査車「パーシビアランス」をフロリダ州のケープカナベラル空軍基地からアトラス5ロケットで打ち上げた。約1時間後にロケットから分離、火星に向かう軌道に投入した。来年2月に火星に着陸予定。火星はかつて生命が生息できる環境だったと考えられており、土壌を採取して生命の痕跡を探す。小型のヘリコプターも搭載、大気の薄い環境での飛行実験を試みる。

 探査車の大きさは小型車ほどで、6輪で火星の表面を走行。ロボットアームで土壌を採取し、容器に詰めて回る。容器は火星に置いておき、将来の別の探査計画で地球に持ち帰る計画だ。

無断転載・複製を禁じます