内閣府は30日、景気に関する有識者研究会を開き、2012年12月から続いた景気拡大期間が18年10月に終わり、後退局面に入ったと認定した。期間は71カ月(5年11カ月)となり、戦後最長の記録には届かなかった。

無断転載・複製を禁じます